【今更聞けない】キャッシュレス決済とは?|キャッシュレス決済の基礎知識

「PayPay」「LINE Pay」などが人気となり、
コンビニなどの支払い方法も様々し、キャッシュレス化が大きな広がりを見せていますが、
そもそもキャッシュレスとは一体どういったものなのでしょうか。

キャッシュレスとは?キャッシュレスのメリット・デメリット、種類などについて詳しく解説していきます。

↓こんな方にオススメの記事です↓

キャッシュレスについて詳しく知りたい。

まだキャッシュレス決済を使った事がないけど使ってみたい。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、簡単にいうと現金を使わずにお支払いする事です。

キャッシュレス決済といっても1つだけではなく、様々な支払い方法があり、
例えば、クレジットカードや最近流行りのPayPayなどのQR決済など他にも様々な種類があります。

キャッシュレス決済で一番身近なものが、おそらくクレジットカード払いになるかと思います。

クレジットカードは現金がなくても、現金の代わりにカードで支払いができるような仕組みになっており、立派なキャッシュレス決済になります。

キャッシュレス決済の種類について

キャッシュレス決済には3種類あります!

キャッシュレス決済は、「プリペイド(前払い)」「リアルタイムペイ(即時払い)」「ポストペイ(後払い)」の3種類に分けられます

キャッシュレス決済の種類

・プリペイド(前払い)

・リアルタイムペイ(即時払い)

・ポストペイ(後払い)

3種類の決済方法について簡単に説明していきます。

プリペイド(前払い)

プリペイド(前払い)とは、あらかじめお金をチャージしておき、チャージしておいたお金で支払いをするというような支払い方法になります。

例としては、SuicaやICOCA、nanacoやスーパーの電子マネーのようなものがあります。

リアルタイムペイ(即時払い)

リアルタイムペイ(即時払い)とは、支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされる支払い方法になります。

リアルタイムペイには例えば、デビットカードや最近ではPayPayなんかでもリアルタイムペイが使えるようになっています。

ポストペイ(後払い)

ポストペイ(後払い)とは、支払い金額を後日まとめて請求されるような支払い方法になります。

ポストペイの代表的なものといえば、クレジットカードがあります!

クレジットカードのようなポストペイ(後払い)は、現金がなくても上限までの金額なら好きに使えてしまうので、使いすぎなどには気をつけないといけません。

ゼルぞう
ゼルぞう

ちなみに支払い方には『接触型』と『非接触型』の2種類があるらしいよ!

ゼルぞう
ゼルぞう

こんなの覚えなくていいけどね…笑

  • QRコード決済や専用端末で読み取る直接読み込む「接触型」
  • PayPayやLINE Pay・nanacoのように、カードやスマートフォンを近づけ読み取る「非接触型」
支払い方には2種類あるよ!

キャッシュレス決済のメリット・デメリット

「キャッシュレス決済が便利だ」など、「キャッシュレス決済がお得だ」と言われてもどのようなメリット・デメリットがあるのか分からなければ、実際に使おうとは思わないですよね。

ですので実際にキャッシュレス決済についての、メリット・デメリットをみていきましょう。

キャッシュレス決済のメリット

・支払いが楽・手間がかからない

・ポイントが使える&貯まる

・キャンペーンやお得な割引がある

・管理が簡単

支払いが楽・手間がかからない

キャッシュレス決済による一番のメリットは、支払い時の手間が減るということです。

現金による支払いでは、支払い時に細かな金額まで探す必要があり、
支払いに時間がかかってしまいます。

しかしキャッシュレス決済なら、携帯やカードの提示で支払いが完了するので、
支払い時の手間やストレスが大きく改善されます。

現金を持ち歩く必要がないので、携帯さえあればどこでも買い物することが可能になります!!

ポイントが使える&貯まる

キャッシュレス決済でお支払いをすると、支払い事にポイントが貯まります。

お店の会員カードとは別で、ポイントを貯めることができ、貯まったポイントは次回の支払い時に支払いに使用することが可能です。

キャンペーンやお得な割引がある

日本で大きな話題になった「PayPay」『100億円キャンペーン』のように支払い金額の〜%が還元されるキャンペーンなども定期的に行われています。

キャンペーン期間でなくてもキャッシュレス決済サイトによっては、毎回支払い金額の〜%引きとなるようなキャッシュレス決済サイトもあります。

管理が簡単

現金の場合は定期的に財布の中にどれだけのお金が残っているかを確認し、現金がなくなったらお金を下ろす必要があります。

キャッシュレスサイトの場合は、銀行の預金の残高が一目で確認できたり、自動で銀行から決められた金額をチャージしてくれるのでお金の管理がとても楽になります。

キャッシュレス決済のデメリット

・使える場所が限られている。

・セキュリティー面での心配

・使いすぎに注意

・携帯の故障時や充電が切れた際に使用できない

・使える場所が限られている。

最近ではキャッシュレス決済が利用できるお店はとても多くありますが、まだまだキャッシュレス決済を利用できないお店も多くあります。

セキュリティー面での心配

『セブン・ペイ』や『PayPay』を経由したクレジットカード決済で、第三者に不正に利用されるという事件がありました。

こういった事件の影響からキャッシュレス決済はまだまだ「利用するのが恐い」などの声も多くあります。

使いすぎに注意

クレジットカードの利用者に多いのですが、カードによる支払いは現金を使っている感覚があまりなく、使いすぎてしまうことがあります。

カードの使いすぎで月末の支払いができなくなるなんて話はよくある話なのでカードの使用には注意が必要です。

携帯の故障時や充電が切れた際に使用できない

キャッシュレス決済は携帯電話を使っての支払いが多くなるため、携帯が故障した場合や充電が切れてしまった場合には、キャッシュレス決済が利用できなくなってしまいます。

キャッシュレス決済ってどこで使えるの?

キャッシュレス決済には、カード払い・QRコード払い・モバイル決済など様々な支払い方法があります。

基本的には全国のコンビニや居酒屋などで使用することができますが、PayPayなどのQRコード払いは対応してない店舗もあるようです。

オススメのキャッシュレス決済は?

個人的にはPayPayなどのキャッシュレス決済か楽天カードなどのカード払いがオススメです。

PayPay→キャッシュレス還元などがあり商品が少し安く買える。

楽天カードなどのカード払い→ポイントが貯まりやすく、支払いにも使用できる。

キャッシュレス決済は、現金がなくても支払いができるため、使いすぎには注意しないといけません。

まとめ:キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は常に商品を安くで購入できたり、使いこなすことができれば非常に便利なものになります。

全国のコンビニや店舗で使用が可能(使用できない店舗もあり)になりますので、まだ使っていない方はぜひ一度使用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました