【テンプレートあり】ブログ更新後Twitterでの発信方法について

ブログ更新後の発信方法について

ブログ更新後のTwitterでの発信の仕方がわからない。

うまくTwitterで拡散できない。

こんな悩みを解決します。

本記事ではブログで結果を出している

  • アフィラさん
  • NOJIさん
  • ガオさん
  • クニトミさん
  • Tsuzukiさん

のTwitterでの発信の仕方を分析し、ブログ更新後の効果のある発信の仕方について紹介!

各30ツイート以上を分析したので、ある程度は参考になるはずです!!

本記事の内容
  • 5人のツイートを分析
  • オリジナルのテンプレートを作ろう
  • まとめ:Twitterでのブログ発信のテンプレートを作ろう
スポンサーリンク

5人のツイートを分析|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

5人のツイートを分析|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

各1ツイートずつ紹介し、発信の仕方を分析・紹介していきます。

アフィラさん編|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

ブログの発信方法について:アフィラさん編

アフィラさんの発信の仕方はこちら!

ブログのタイトル→悩み→結論

アフィラさんのツイートは、ほとんど『ブログのタイトル→悩み→結論』の形できています!

詳しく見ていきましょう!

このツイートを分析していきます!

ブログのタイトル(記事で一番伝えたいこと)

このツイートの場合『ブログのタイトル(記事で一番伝えたいこと)』は↓部分

『ブログネタ切れの対策法7個』

ツイートの一番最初にブログタイトル・記事内で伝えたいことをかく!

読者の悩み

『読者の悩み』は↓の部分

  • ネタに毎日困って辛い
  • 良いネタが思いつかない
  • ネタ切れでもう記事書けない…

→どんな悩みを持った人がいるのかを考え、その悩みを3つほど書く!

ポイント
  • ブログ記事とツイート内容がブレないように注意!
  • 自分用の記事だと共感を狙う

解決方法(結論)

このツイートでの『解決方法』は↓の部分

  • メモから作る
  • Twitterから作る
  • 読んだ本から作る
  • キーワードから作る
  • コアユーザーの悩みから作る
ポイント
  • 『これなら自分もできそう』という解決策をかく!

ブログのタイトル→悩み→結論

参考:Twitter→アフィラさん
   ブログ→作業ロケット

NOJIさん編|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

ブログの発信方法について:NOJIさん編

NOJIさんの発信の仕方はこれ!

疑問・悩み→疑問の答えが解決できることを記載→記事を読んだ後の行動について

詳しく見ていきましょう!

このツイートを分析

読者の疑問・悩み

今回のツイートの読者の疑問・悩みは↓の部分

  • アフィリエイトの始め方が知りたい
  • アフィリエイトで月3万稼ぎたい

→記事を読む人はどんな悩みを持った人がいるのかを考える

疑問の答えが解決できることの説明

今回のツイートでの『疑問の答えが解決できることの説明』は↓の部分

上記の悩みを解決できる記事を書きました

→記事を読むことで得られるメリットをかく!

ポイント

記事を読むことで疑問を解決できるということを記載する

記事を読んだ後の行動

『記事を読んだ後の行動』は↓の部分

これからアフィリエイトを始める方や、アフィリ初心者の方はコチラを読めば、良いスタートダッシュが切れますよ!

ポイント

行動した後のポジティブな未来を想像させる!

疑問・悩み→疑問の答えが解決できることを記載→記事を読んだ後の行動について

参考:Twitter→NOJIさん
   ブログ→NOJI BLOG

ガオさん編|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

ブログの発信方法について:ガオさん編

ブログのタイトル→記事の内容→記事を見る理由

ブログのタイトル

ブログのタイトルは↓の部分

【ブログで月1万円を稼ぐ方法】の記事を更新しました!

記事の内容

 『記事の内容』は↓の部分

ブログで月1万円を稼ぐには月1万円を稼ぐ5つの方法裏技・最短ルート

記事のタイトルの中で魅力的なものを3つほど

記事を見る理由

『記事を見る理由』は↓の部分

再現性バツグンの裏技も、書いていますので、出来そうな方はぜひ!

この記事でしか書かれていない。他とは違うということをアピール!

例えば、『再現性バツグンの裏技』など

ブログのタイトル→記事の内容→記事を見る理由

参考:Twitter→ガオさん
   ブログ→ガオノート

クニトミさん編|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

ブログの発信方法について:クニトミさん編

読者の疑問→疑問の答え→記事の内容(疑問の解決策)

読者の疑問

『読者の疑問』は↓の部分

「どうやって効率的にブログ書いてるんですか?」と質問がきます

疑問の答え

『疑問の答え』は↓の部分

あらゆるスキマ時間を活用して、スマホでブログ書いてます。

→簡単に疑問の答えを書く

記事の内容(疑問の解決策)

『記事の内容(疑問の解決策)』は↓の部分

ボクがスマホでブログを書く際に工夫してる点を全て書いたので、ご活用くだ

→記事内で解決方法の具体的なやり方を書いてあることをアピール

ブログのタイトル→記事の内容→記事を見る理由

参考:Twitter→クニトミさん
   ブログ→副業コンパス

Tsuzukiさん編|ブログ更新後のTwitterでの発信方法

ブログの発信方法について:Tsuzukiさん編

Tsuzukiさんの発信の仕方は2種類!

ブログタイトル→どういう人向けの記事か

ブログに対する悩み→解決方法

ブログタイトル→どういう人向けの記事か

ブログタイトル

『ブログタイトル』は↓の部分

アフィンガーのおすすめカスタマイズ法を解説【Tsuzuki Blog風デザイン】

どういう人向けの記事か

『どういう人向けの記事か』は↓の部分

ワードプレスのテーマ、AFFINGERのカスタマイズ記事です。Tsuzuki Blogっぽいデザインにしたいという方が多かったので、筆を取りました。

→Tsuzuki Blogっぽいデザインにしたいという方向けの記事

ブログに対する悩み→解決方法

ブログに対する悩み

『ブログに対する悩み』は↓の部分

昔の僕は、WordPressでブログを立ちあげるのに手こずりました。

→過去の自分の悩みやブログ初心者の方の悩みを書く

『自分のための記事だ』と共感を誘う

解決方法

『解決方法』は↓の部分

誰でも絶対にできる方法を記事にまとめました。
58枚の画像を使って、わかりやすく解説しています。
WordPressでブログを作ることに気がひける人でも、楽しく作れる

→解決方法・やり方を書く

『58枚の画像を使って』など『WordPressでブログを作ることに気がひける人でも、楽しく作れる』など誰でも簡単にできるということをアピール

ブログタイトル→どういう人向けの記事か

ブログに対する悩み→解決方法

参考:Twitter→Tsuzukiさん
   ブログ→Tsuzuki Blog

※分析からの予想になるので皆さんがこの通りというわけではありません。あくまで分析からの予想です

テンプレートを作ろう

  • アフィラさん

   ブログのタイトル(記事で一番伝えたいこと)→悩み→結論

  • NOJIさん

   読者の疑問→疑問の答えが解決できることを記載→記事を読んだ後の行動

  • ガオさん

   ブログのタイトル→記事の内容→記事を見る理由

  • クニトミさん

   読者の疑問→疑問の答え→記事の内容(疑問の解決策)

  • Tsuzukiさん

   ブログタイトル→どういう人向けの記事か

   ブログに対する悩み→解決方法

5人に共通していたのは、どの発信方法も

『疑問・悩み』を『この記事で解決できる』ということ

をしっかりと書いてある点!

ポイント

自分用のテンプレートを作る場合
『疑問・悩み』と『この記事で解決できることを記載』は入れたほうがいい!

この5人の方のツイート方法を参考&組み合わせることでオリジナルのテンプレートができるはずです!

何パターンも作って『効果のあるもの・自分に合ったもの』を見つけてください!

ゼルぞう
ゼルぞう

ちなみに僕はこんな感じ

どういう人向けの記事か→記事の内容→記事を読んだ後の行動について

文字数の制限などもあるので、いろんなパターンを試してみようと思っています!

まとめ:Twitterでのブログ発信のテンプレートを作ろう

5人の発信方法はこんな感じ!

アフィラさん

ブログのタイトル(記事で一番伝えたいこと)→悩み→結論

NOJIさん

読者の疑問→疑問の答えが解決できることを記載→記事を読んだ後の行動

ガオさん

ブログのタイトル→記事の内容→記事を見る理由

クニトミさん

読者の疑問→疑問の答え→記事の内容(疑問の解決策)

Tsuzukiさん

ブログタイトル→どういう人向けの記事か

ブログに対する悩み→解決方法

基本的な形は 

疑問→疑問の答え→記事を見る理由

5人の方のツイートを分析して気づいたこと

『この記事でしかわからない』『他よりもわかりやすい』など、
お得感や共感を狙うツイートになっている

ポイント

『この記事でしかわからない』『他よりもわかりやすい』などお得感や共感を狙う

コメント

タイトルとURLをコピーしました